近年、日本における健康経営への注目はますます広がり、従業員の健康増進に取り組む企業が増加しており、その1つとして、健康診断の受診率を上げることが「健康経営の第一歩」と考える企業が増えています。しかし、健康診断の実施にあたって複数関係者と調整を行い、実施日の設定や病院・医師の予約など、煩雑なやりとりが必要になることもあり、担当者の負担が大きくなっている現状があります。上記のような課題を解決すべく、企業の健康診断担当者様の管理工数の削減と従業員様のよりスムーズな受診体制の実現のため、一般財団法人 全日本労働福祉協会と共同でネットワーク健診システム・サービスを開始いたしました。

 

【提携サービスの内容】

企業の従業員・ご家族のお住まいや勤務エリアに合わせて全日本労働福祉協会/オンコールと提携している全国の医療機関をご紹介します。クリニック向けにITシステム・サービスを開発・運用してきたオンコールが開発した専用Webシステムにより、受診者ご本人がインターネットから24時間予約が可能となりました。全日本労働福祉協会はこれまで通り、巡回(バス)健診・各支部での集合健診の対応も行っており、当日受診できなかった方、被扶養者の方にも、当サービスで受診動機を高め、受診率の向上を図って参ります。

 

[企業・健保・従業員にとってのメリット]

  • 受診者本人が専用Webサービスから予約できるので、日程調整がスムーズに行える
  • 担当者が健診の予約や実施状況についてリアルタイムの状況把握ができる
  • 支払い・健診結果受領がワンストップで完了

[医療機関にとってのメリット]

  • 医療機関の都合(曜日・時間帯・時期)を踏まえて受診者をご紹介
  • 専用Webサービスで予約を受け付けるため、電話・FAXの業務が発生しない
  • 請求・結果票のデータ送信がワンストップで完了

 

[詳細はこちら]

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000103324.html

 

ーーーーーーーーーーーー

■一般財団法人 全日本労働福祉協会

■所在地:東京都品川区旗の台6-16-11

■会長:澤 信夫

■設立:昭和1954年 7月

■事業内容:健康診断事業、作業環境測定・分析検査事業、心とからだの健康づくり「THP」支援事業、職場の衛生管理と健康づくり指導・相談事業

■HP:http://www.zrf.or.jp/